個人間融資

金貸し屋 個人はいいからやめとけ!別の金策を紹介する

「本日中にお金が必要」

「個人でお金を貸してくれる人はいないの?」

お金の入用は突然やってきますよね。

予定していなかった誘い。

病院代など絶対に必要なお金。

急な出費は予告なく発生します。

そんな困っている時に個人の金貸し屋に相談するのはオススメしません。

何故なら、個人の金貸し屋は危険がいっぱいだからです。

個人の金貸し屋と聞くと審査がなく個人間融資でお金を貸してくれるからと気楽に相談してしまう方が多いようでうが、個人の金貸し屋の実態はヤミ金ですので注意してください。

このページでは個人の金貸し屋がいかに危険なのか説明させていただきます。

目次から見出しをタップすると気になる危険性を見ることも可能です。

最後には金策ナビがオススメしている金策方法も紹介しているので、参考にしていただけたら幸いです。

情報抜き

「個人の金貸し屋」と検索すると個人の金貸し屋を紹介したサイトが見られます。

紹介サイトにはブラックOK、即日融資など書かれており今すぐお金が必要な方には魅力的に見えるかもしれませんが、安易に個人情報を送るのは絶対に止めてください。

リアルタイムで個人の金貸し屋を見つけられるSNS投稿も同じことがいえます。

アナタの個人情報を目的としている可能性があります。

ヤミ金の顧客名簿

個人情報は1件あたり数百円~数千円程度で取引されているといわれています。

ヤミ金の顧客名簿として複数のヤミ金業者に販売されてしまう恐れがあります。

ヤミ金の名簿として載ってしまうと毎日ヤミ金から勧誘電話が鳴り響いて生活に支障が出てしまうかもしれません。

安易に個人情報を送るのは止めましょう。

個人情報が晒される危険性

個人の金貸し屋からお金を借りる人は正規の金融会社から借入れできない方が大半です。

信用情報機関に金融事故として載ってしまうと審査の時点でNGです。

そこでSNSなどで見つけた個人の金貸し屋からお金を借りるのは絶対に危険です。

個人だから安心して安易に利用するのは絶対に止めてください。

アナタの大事な個人情報がネットに晒される危険性があるからです。

個人の金貸し屋はヤミ金です。

違法な取り立てを行うヤミ金業者なのです。

融資をする前に本人確認として身分証明書や自撮りの写メを要求してきます。

その個人情報がネットに晒される危険性があります。

晒される原因として個人的な嫌がらせ、回収できない腹いせの理由が多いです。

それぞれ説明します。

 個人的な嫌がらせ

個人の金貸し屋は、個人の裁量で融資を行います。

自分が気に食わない人間だったら嫌がらせをする可能性があります。

個人の金貸し屋から融資を受けていなくても個人的な嫌がらせとして個人情報を晒す危険性もあります。

回収できない腹いせ

個人の金貸し屋から借りる人は多重債務者の方です。

「数十社からお金を借りていた」なんて人はザラにいます。

返済できなくなり、逃げるか第三者の法律家、警察に相談するしか選択はありません。

その結果、個人の金貸し屋は腹いせのために個人情報を晒すこともあります。

晒された個人情報は一生残る?

結論からいって一生残ることはありません。

しかし、晒された媒体によって状況が変わります。

TwitterなどのSNSの場合は通報などの報告をすることでSNSアカウントを凍結や晒された投稿を表示しないように対応してくれます。

しかし、掲示板サイトなどに晒されたら大変厄介になります。

サイト運営者に削除要請をしたとしても対応してくれる可能性は低いです。

解決策は?

個人の金貸し屋に個人情報を渡さないのが一番の得策ですが、個人情報を渡してしまった方は弁護士などに相談することをオススメします。

口座凍結の危険性

ヤミ金業者である個人の金貸し屋からお金を借りると口座凍結されてしまう恐れがあります。

口座凍結される理由として、債務整理、相続、不正利用があります。

ヤミ金業者を利用した場合は不正利用を疑われたと考えられます。

どのような場合に不正使用を疑われてしまうのか見ていきましょう。

入出金が原因

ヤミ金業者の口座はトバシ口座と呼ばれる他人名義の口座を使用していることが多いです。

トバシ口座から融資金としてアナタの口座に入金されます。

返済日にアナタの口座からトバシ口座に返済したとしましょう。

事件性があるとしてトバシ口座が凍結された場合、疑わしい取引としてアナタの口座まで凍結される恐れがあります。

客振りが原因

客から客へ振り込ませることも「客振り」といいます。

客振りとは?

  1. ヤミ金業者が債務者に貸し付けします。
  2. 新規利用者がヤミ金業者に融資を希望します。
  3. 貸し付けした①の債務者が②の新規利用者の口座に振込みします。

ポイントは、ヤミ金業者の口座を使わず客同士で返済から融資まで完結しているところです。

  • 債務者の客は返済先の口座と勘違い。
  • 新規利用者はヤミ金業者からの送金と思う。

なにが問題かというと、債務者からの送金です。

債務者はヤミ金業者と入出金している関係があることから新規利用者の口座に送金すると口座が不正利用されていると勘違いされ凍結される可能性があります。

口座凍結の対処法

ヤミ金業者から借りないことです。

相談や申し込みをしないのが一番の対処法です。

口座を解約

ヤミ金業者に口座が知られている場合は教えた口座解約することをオススメします。

関係を切り凍結される前に先手を打つ必要があります。

 

女性を食い物にするひととき融資

女性を食い物にするひととき融資

個人の金貸し屋の中にはアダルト目的の金貸しがいるので注意してください。

お金を貸す代わりに返済は身体を要求する変態な金貸しはSNS上に多く見られます。

女性を食い物にする融資方法はひととき融資と呼ばれており、TwitterなどSNS上に多く投稿されています。

○○県在住でスレンダー女性限定個人融資

など、都道府県を限定して自分の好みの女性をターゲットにしているのが特徴です。

直接的に身体を求めない金貸しにも注意が必要です。

担保として下着姿の写メを要求してくることもあります。

その写メを持っていることで金貸しはアナタに不都合な条件を出してくる可能性があります。

たとえば完済しようとしても金利のみ要求し、断れば写メを晒すなど悪質な個人の金貸し屋がいるので注意。

先振り詐欺

先振り詐欺とは保証金や手数料として先に金銭を要求する詐欺行為です。

個人の金貸し屋を装った先振り詐欺師が多くいるので注意してください。

詐欺師は融資をすると見せかけて金銭をだまし取ろうとします。

手口として、新規利用者が詐欺師に融資を相談します。

詐欺師は「初めての付き合いなので信用がないので、本人確認としてお金を送ってください。送ってもらったお金は融資金から相殺し、返金します。」

などと、先にお金を要求してきます。

お金じゃなくアマゾン券など金券を要求することもあるので注意。

先に金銭を要求してきたら100%詐欺です。絶対に先に金銭を渡さないでください。

  • 200万円即日融資
  • 高額融資
  • 分割払いok
  • おまとめ一本化

このような誘い文句を頻繁に詐欺師は使います。

個人の金貸し屋は高額融資、分割払い、おまとめ一本化もしません。

個人の金貸し屋はヤミ金業者ですので小口融資で短期サイクルの貸し付け条件です。

好条件な提示されたら疑う気持ちを持ってください。

別の金策を紹介する

個人の金貸し屋がいかに危険なのか分かったのではないでしょうか。

 

  • 情報抜き
  • 個人情報が晒される危険性
  • 口座凍結の危険性
  • 女性を食い物にするひととき融資
  • 先振り詐欺

さまざまな危険性があり、安易に近づくとトラブルになってしまう恐れがあります。

絶対に個人の金貸し屋には関わらないようにしてください。

最後に金策ナビがオススメしている金策方法は下記です。

本日中にお金が必要な方は参考にしてくださいね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

オススメの金策方法♪

クレカ現金化ならゼロスタイル
オススメ
限度額 ショッピング枠の範囲内
スピード 最短30分
審査 クレカを持っていてば無職ok
ブラックOK即日融資の金融屋
オススメ
限度額 最大50万
スピード 最短30分
審査 審査甘い金融
ブラックokの金融屋さん

 

ブラックOKの金融屋さんは過去に金融トラブルがある方でも即日融資でサポートしてくれます。

・最大50万

・在籍確認なし

・ブラックok

・即日融資

本日中にお金が必要な方は即日融資で最短30分でお金を手に入れることが可能です。

お困りの方は今すぐチェクしてください。

金融屋さんに行く