個人間融資

元個人間融資の貸主が優良な個人融資を見極める方法を紹介する!

まず初めに言っておきますが、優良な個人間融資は存在しません。ここでの優良な個人融資とは「約束を守り、約束通りに融資をする」個人融資を優良とします。

又、個人間融資の貸主大半は違法に貸金業を業として運営をしています。業で個人融資をしているという事は当然利息が発生する事をお忘れなく。

ごく稀に無利息で貸付する個人融資の貸主は存在しますが、見つけるまでに時間も掛かりますし運も必要です。

足ながオジサンのような貸主を探すのは皆無と言っても過言ではありません。

ぶっちゃけた話し私はSNSで個人融資を生業にしておりました。

1年程SNSの個人融資で様々な貸主とやり取りをしております。

中には暴言を吐き挑発的な貸主もいました。反対に丁寧な言葉やメールで対応してくれた貸主もいます。

後者のほうが圧倒的に多いのですが、前者のような暴力的な貸主もいますので十分に注意が必要です。

元個人融資をしていたからこそ分かる優良な貸主を見極める方法を記載しております。

私は個人融資をすすめている訳ではありません。

逆に個人融資はオススメできません。何故なら危険が沢山潜んでいるからです。

個人融資を名乗った「詐欺業者」や女性を食い物にする「ひととき融資」危険があるのは絶対に忘れないで下さい。

ですが、個人融資でしか借り入れできない方もいらっしゃいます。金融ブラックになってしまうと正規の金融会社からの借入れは困難です。

家族、友人などにも頼れない。そんなどこからも借入れできない方向けに元個人融資をしていた私が優良な貸主を見極める方法を紹介します。

高額融資は皆無

「最大50万まで、最高100万まで個人融資します!」のような書込みを見られてもスルーして下さい。

高額融資をする貸主は存在しません。情報抜きか詐欺業者のどちらです。

基本的に少額融資になり、1万~10万程度が限度額です。

返済サイクルは1週間や10日サイクルで金利は2割や3割が一般的な個人融資のシステムです。収入日や給料日に合わせて融資する貸主もいます。

返信が早い

個人融資をしている貸主を探すにはアナタのアプローチから始まりますね。

過去の投稿やプロフをチェクして信用出来そうであればメールしましょう。

送信から約1時間以内に返信があればレスが早い個人間融資の貸主です。逆に返信が遅い場合は、他の貸主を探されるのを勧めます。

平日にアプローチ

殆んどの貸主は平日の朝から夕方くらいまでの時間帯のみしか対応していません。休日、祝日にメールを送っても当日に返事はありませんのでご注意下さい。

口コミを検索

貸主のアカウント名で検索するのも一つの見極め方法になります。Yahoo!やGoogleそしてSNSの検索窓にアカウント名を検索して下さい。

悪評な口コミや評価がなければ少し安心しても良いです。ですがヒットしないからその貸主が優良と判断するのは早いです。

何故ならアカウント名をコロコロと頻繁に変更している貸主もいます。優良な貸主か見極める一つの方法としてフォロアーの人数は参考になります。

フォロアーが多いアカウントという事は比較的長く個人融資をしている傾向がありますのでフォロアーがどれくらいいるかは判断材料になります。

先に金銭を要求するのは100%詐欺

「保証金が必要」「手数料は先払い」先にお金を金銭を要求するのは100%詐欺です。

詐欺師は言葉巧みにアナタを騙して摂取します。アナタがお金に困っている事情を利用して金銭を摂取するのです。

ここで焦ってお金を先に渡すのは絶対に止めて下さい。又、Amazon券などの金券を要求してくるのも詐欺です。「先にお金を要求するのは100%詐欺」これだけは必ず覚えておいて下さい。

最後は直感

最後はやっぱりご自身の直感になります。

個人融資の貸主との始りから終わりまでアナタの直感が大事です。

「この人言っている事が違うな??」と、少しでも不安な点があれば利用は控えるようにしましょう。

利用したとしても後々トラブルになる可能性は大きいです。

元個人間融資の貸主の一言

最後に1つだけアドバイスとして聞いて下さい。

個人融資の貸主の審査は初めてのメールから始まっています。常識があるメールをするように心がけて下さい。いきなり「お金貸してください!」など非常識なメールはご法度です。
突然こんなメールが来たらアナタだったらお金を貸しますか?当然NOですよね。

貸主も同じ感情です。非常識な人間に大事なお金を融資しません。

個人間融資が違法だとしても常識ある行動をお願いします。