ギャンブル体験談

パチンコ屋の奇跡!番長と北斗無双の大仕事!

6月6日ゾロ目デーで起きた奇跡

私は、とにかくパチンコパチスロが大好きです。
仕事の合間や仕事後など1時間でも時間があれば打ってしまいます。

おかげで、これまでに国産メーカーの新車が購入できるくらい負けています。笑
5月はなんとか2万円程勝ち越す事ができ、6月6日のゾロ目デーを楽しみにしていました。

6月6日を迎えるまでに17万円負け

6月に入り、予想より早く給付金の支給があったのでゾロ目デーまでの肩慣らしと仕事後に打ちに行くもシンフォギア・北斗無双で3万円負け。

「まだ給付金の残りがあるから」と翌日は仕事の合間にハナビを打つも1万円負け。
仕事後にそれを取り返そうと北斗無双に座り2万円ノーヒット。

翌日は午後休だったので気合を入れて1時から出陣!するも、北斗無双ではキリン柄が外れ、慶次ではキセルが外れ。

気が付けば18時の段階で5万円負け。
少しでも負けを減らさねばとハナビに座るもレギュラー先行で2万円負け。

3日間で5月の勝ち分+給付金を全て溶かしてしまいました。
翌日お金を下ろして仕事後に仕置人を打つも2万円負け。

ゾロ目デーを前に軍資金が2万円に。
翌日少しでもお金を増やそうとまたパチンコへ繰り出すも乱れ打ちして見事に2万円負け。

そしてゾロ目デー当日

年に1度のゾロ目デーなのでと光熱費や携帯代で残しておいた3万円を持ってパチンコ屋へ並びました。

抽選番号は普通でしたが、狙い台に座ることは出来なかったので番長3で時間つぶしを。
この時間潰しのはずの番長3がモード移行や初当たりのループ等高設定挙動。

が、引きが噛み合わず本前兆濃厚な所で軍資金が底を尽きました。ですが、ここでやめることが出来ないのがパチンカスと呼ばれる所以です。

手持ちが尽きてからが勝負!

最後の勝負!とクレジットの現金化を使って3万円を手にしました。
この本前兆が無事にヒットし、その後は絶頂対決等を絡めて1撃2000枚オーバーのコインを手にしました。

これまでの負けを考えるとここでやめることは出来ないので、勿論続行。
その後も挙動は悪くないものの、増減を繰り返し持ちコインは1500枚程に。

時間も4時を回っていたので一旦換金してパチンコへ。

北斗無双に座り、台を眺めること1万円、赤保留から運命の女リーチで確変をゲット!
この確変が大事故を引き起こします。

全て16Rで11連チャン。2万発オーバーの持ち球を手にしました!
「今の自分には引きが来ている!」と信じ、続行しました。

するとST抜け後30回転程で緑保留から確変大当たりゲット!
これがなんと、継続する継続する。

衝撃の結末

閉店取り切れずの29連チャン!7万発オーバーでスロットと合わせて25万円に!
結局5日間の負けを取り戻したくらいでしたが、これがあるからパチンコはやめられません。