生活苦体験談

【生活苦】借金600万円を返済中。

誰にも言えない借金。総額600万円を返済中。

1K、家賃3万の築30年以上のアパート暮らし。

貯金無し、借金あり、独身40代。

これを聞いてどう思いますか?ぞっとしませんか?
しかし、これでもこれを書ける状況になっただけまともだと思っています。

20年後、殆どの友人が定年して孫に囲まれているなか私は同じ生活を続けていると思います。

夢も希望も無い生活ですが、やはり死ぬという選択だけは取ることが出来ません。

借金の始まり

私はどこにでもいるサラリーマンでした。

あまり給料は高くありませんでしたが、普通のマンションに住んで贅沢とは言えませんが年に数回は旅行に行けるくらいの稼ぎはありました。

ですが、周りの友人は新車を買い海外旅行へ行く。

家電なども最新のものが多く、それを羨ましく思った私は副業を探すようになりました。

友人からの連絡

私が副業を探しているという事をどこから聞きつけたか知りませんが、知人から連絡がありました。

「毎月5万円くらいなら利益が出る副業がある」

この5万円という金額が妙にリアルで、とりあえず話を聞こうと思いました。
待ち合わせ場所に行くと、会ったことのない男性が同席していました。

銀行から融資を受けてほしいと依頼

その男性を交えて雑談をしているうちに本題に。

要は「私の代わりに銀行から融資を受けてほしい」という事でした。

事業計画書やその他の書類は全て男性が準備すると。
男性自身は複数の事業を展開していて、銀行からの融資枠が一杯だと。

ただ、計画書を見て分かる通り新事業は利益が固い物なので毎月返済金額に加えて5万円の手数料を私に支払う、という事でした。

確かに内容に問題は無さそうでしたので、私は言われた通り銀行に申し込みを行い500万円の融資を受けました。

最後の半年だったのに

この借金は、残り半年という所で男性の事業が傾いてしまい返済が止まってしまいました。
ですが、それまでに支払ってもらっていたお金で半年分を支払っても私に利益が出るくらいでしたので、そこは私が肩代わりして返済することにしました。

借金の始まり

その時、私はギャンブルに手を出すようになっていました。

今まで無かった5万円のお金で遊べるようになったことが原因でした。
その当時は少し栄えた繁華街のビルに街金融が入っており、身分証だけでお金を借りる事が出来ました。

ローンの支払いも終わり、気の緩みもあったのでしょう。

今までと同じ感覚で遊んでいましたが、やはり月5万円の違いは大きく段々お金は無くなっていきます。

そこで、街金融から最初は10万円お金を借りました。

1度借りると止まらない

それからというもの、借金に対する抵抗がなくなってしまい次から次へと借金を重ねていきます。

自転車操業とはまさにこのことで、お金を返すために他から借りる。
給料で返済するが生活費が足りないからまた借りる。すると返すお金がないからまた借りる。といった感じ。

首が回らなくなった時に、前回融資を紹介してくれた友人から連絡が来ます。

借金をまとめてやろうか??

内容はそうでした。その当時友人は事業に成功しており、借金をまとめてやっても良いと言ってくれました。

私からするとまさに天の声。喜んでお願いしました。
その当時の私の借金総額はなんと530万円ありました。
このお金を毎月8万円で6年で返済してくれれば良い、と言ってくれたのです。

その代わり、遅延は絶対に許さない、もし遅れたら毎月2万上乗せするとのことでした。

その当時の私は収入が月に25万円以上ありましたので、二つ返事でお願いしました。

30代半ばでリストラからの大病

返済も順調に進んでいた30代半ばで私はなんとリストラにあってしまいました。

しばらくは失業保険でなんとか生活できますが、返済は変わらずやってきます。

食事をインスタントラーメンや色が変色しかけている安い野菜等をメインにしてなんとか返済のお金を捻出していました。
しかし、3か月が経過したときに私は内臓の病気に罹ってしまいます。

友人にその事情を説明しましたが「返済出来ないなら1ヶ月遅れる毎に2万円上乗せしていく」と言われるばかり。

ですが、これ以上お金がなくなると入院すらできなくなるので増えていく借金を感じながら入院しました。

半年の入院後

入院は半年に及びました。
生命保険の加入があったので費用はなんとかなりましたが、それでも貯金は尽きてしまいました。

離職期間は1年になってしまい、30代半ばで資格は持っていない、しかも大病を患った後で定期的に検査に行かなければならないという地雷のような人間を雇ってくれる会社は見つかりませんでした。

なんとか見つけたヘルパーの仕事

そこでなんとか見つけたのはヘルパーの仕事でした。

月に5日程の休みで給料は16万円。

ですが、仕事が無いよりもマシだとその仕事に今でも就いています。

毎月8万円の返済、家賃は3万円、月に使えるお金は5万円です。
ここから携帯代や光熱費、通院費を支払うと残るお金は本当に微々たる物です。

日々の生活は

とにかく、「贅沢は絶対にしない」という事を心がけています。

お酒を飲むなんてもってのほかです。

家から離れたディスカウントストアに行き、1人2袋限定の8円のうどんやちゃんぽん、焼きそばの麺を週に2回買いに行きます。

倒れたら話にならないので栄養は考えますが、それでも見るのはタイムセール品のみ。
傷み始めている安い野菜が狙い目です。

肉を買う時は、300円で鶏むね肉が買える日のみ。

それも、一番多い肉を探すので肉のコーナーで5分くらいトレイを漁っています。
40代の男性が目をギラつかせて肉を選ぶ姿。滑稽でしょう?

ですが、そうしなければ生きていけません。今更恥も外聞もありません。